新型コロナウイルス感染症への対応について
2020年02月28日 投稿
 令和2年2月25日、梶山経済産業大臣、加藤厚生労働大臣、赤羽国土交通

大臣から三村会頭に対し、政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本方

針(令和2年2月25日決定・25日付第三報で連絡済)における各会員企業の

職場での感染拡大防止に向けた取り組みの強化について、周知徹底方の要

請がありましたので、ご連絡いたします。

 特に事業者に対しては、「発熱等の風邪症状が見られる職員等への休暇取得

の勧奨」「テレワークや時差出勤の推進等の強力な呼びかけ」「イベント等を

主催する際には、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の状況等を

踏まえた、開催の必要性の検討」が要請されています。

 会員事業所の皆様におかれましては、個人の感染防止策を徹底いただく

とともに、会議・イベント等の開催にあたっては、各種会場への消毒用アル

コールの設置やマスクの準備、咳エチケットの徹底等により、参加者の感染

防止に努めていただきますようお願いいたします。

○事業者への要請内容

・患者・感染者との接触機会を減らす観点から、企業に対して発熱等の
 風邪症状が見られる職員等への休暇取得の勧奨、テレワークや時差出
 勤の推進等

・イベント等の開催について、現時点で全国一律の自粛要請を行うもの
 ではないが、専門家会議からの見解も踏まえ、地域や企業に対して、
 イベント等を主催する際には、感染拡大防止の観点から、感染の広が
 り、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討


(参考:新型コロナウイルス感染症対策の基本方針)  
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kihonhousin.pdf